FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

Harmonia

オリジナル小説

葵 2 


一から説明すればとても長くなるけれど、僕には十歳年上の姉がいる。父は僕が五歳の時に病死して、母子三人で仲睦まじく暮らしていたが、その母も僕が中学生の時に胃がんで亡くなった。すでに社会人だった姉が、僕にとって保護者であり、母親みたいな存在だ。

姉は僕が大学に入学した年に、恋人と結婚した。その恋人が、実は先生の弟だったのだ。結婚式当日、スーツ姿の先生を見つけたときは、あまりの驚きでうわあって叫んでしまったくらいに、何も知らないまま、僕は先生と親戚になってしまった。

僕の姉の夫、つまり義兄の新(あらた)さんは姉と同い年で、プラントエンジニアリング会社の電気技師として働いている。大学時代からの付き合いで、とても仲良しだ。ただ、新さんはずっと海外勤務で、今はマレーシアにいる。二人の将来の設計図はよく知らないけれど、今のところ別居婚という形式を選んでいる。つまり、独身の頃と同じように、僕と姉は一緒に実家で暮らしている。

姉の妊娠が発覚したのは、結婚式から二ヶ月も経たない頃だった。紛れもないハネムーンベイビーだ。だって、結婚式と沖縄への新婚旅行が終わった直後に、新さんはマレーシアにとんぼ返りしてしまったのだから。

姉は大手損保会社で正社員として働きながら、産休まで仕事をこなした。もちろんつわりがあったし、その後はお腹が膨らんできたから、家事のほとんどは僕の仕事になったけど、もともと二人で何でも分担して暮らしてきていたので、料理も家事も、僕には全然苦じゃなかった。むしろ二人の生活に赤ん坊が加わることが楽しみで、暇なときは姉の育児書を読み、赤ん坊のお世話の勉強もした。姉は二ヶ月の育休で職場復帰する予定だったから、僕が面倒見る機会も多いだろうと、張り切っていたのだ。

そして、八月五日に葵が生まれた。三千百グラムちょうどの、元気な女の子だった。ヒーという甲高い泣き声が特徴的で、本当に小さくて、可愛くて、僕は一目で葵に夢中になった。こんな可愛い子を産んでくれた姉と、父親の新さんに、心から感謝した。

僕は写真を撮って、すぐさま新さんにメールした。子供の誕生を心待ちにしていた新さんは、姉の出産直前に勤務するプラントが大規模な爆発事故を起こして、その事故対応に追われて帰国できなくなっていたのだ。新さんからは、ありがとう、実咲(姉の名前だ)と葵のこと、よろしくお願いします。とすぐにメールが返ってきた。

葵はよく眠って、たくさんおっぱいを飲んで、とても元気だった。姉もそんな葵をかわいい、かわいい、と眺めて、産後のふらふらした身体で熱心に面倒を見ていた。何もかもが幸せだった。

ところが、病院を退院して二日目、姉が突然激しい胸の痛みを訴えた。僕が夏休みで家にいたのが不幸中の幸いだった。姉の尋常ではない様子に、僕は慌てて救急車を呼んだ。新生児がいるという理由で、僕は搬送先の病院だけ確認して家に留まり、迷った挙げ句に先生に連絡を取った。他に頼れる人がいなかったからだ。先生はすぐさま僕の家まで駆けつけてくれた。でも先生は赤ん坊の世話なんてしたことがないので、葵を長時間預けるわけにもいかない。先生に姉が搬送された病院まで行ってもらった。

姉は急性心筋梗塞だった。出産直後で体力が落ちていることもあり、入院が長引くことを示唆された。
夜になって病院から戻ってきた先生にそう言われて、僕は大きな溜息を零してしまった。責任が一気にのしかかる。

「…先生」

絞り出すような僕の声に、先生がん?という顔で僕を見つめた。

「本当に申し訳ないけれど、少しだけ助けていただけませんか。僕はこの子がいるから、あまり動けない」

なぜだろう。普段はまったく気にしていないのに、こういう時だけ両親がこの世にいないことがこんなに心細く思えるなんて。僕はすっかり弱気になって、先生に縋り付いてしまった。

そんな僕を先生はすごく優しい目で見つめ返した。その表情に、僕の心臓はぎゅっと締め付けらるようだった。

「もちろん、できる限り手伝うよ。、葵は僕にとっても大切な姪っ子だから」

先生の言葉に、僕は泣きそうになった。先生が僕の頭をくしゃくしゃと撫でる。

「後で来るから、ちょっと待ってて」

すぐに先生は家を出て行った。僕は玄関先まで送る。自転車で颯爽と走り出す先生の後ろ姿を、僕はぼんやりと見送った。

葵はまだ眠っている。今のうちに姉の荷物をまとめておこう。パジャマや下着、タオルなど、すぐに必要だと思えるものをとりあえずバッグに詰め込んだ。

それから一時間半後、先生は大きなボストンバッグを抱えてうちにやって来た。驚いて目をばちぱちさせている僕に、先生は涼しげな顔で言った。

「僕もここで葵の面倒を見ようと思って、」

「……」

「君一人じゃ、大変だろう。あまり役に立たないかもしれないけれど」

思いがけない行動に、すっかり固まってしまっている僕を見て、先生は苦笑いした。

「とりあえず、中に入れてくれないかな?」

こうして僕と先生の同居生活が始まった。姉が突然入院して、葵と二人きりになっただけでもパニックなのに、恋してる人と同じ屋根の下で暮らすなんて、僕はもういっぱいいっぱいだった。

そして、先生の並外れた天然ぶりを知ることになるのも、この日からだった。



 →
 


これを書きながら、新生児がどんな感じだったか、
もうすっかり忘れてしまっていることに気づきました…。

そしてメールや拍手をたくさんいただきましたこと、心から感謝です。
今日も読んでいただきありがとうござました。



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/04 Fri. 22:58 [edit]

category:

thread: BL小説  -  janre: 小説・文学

TB: --    CM: --

04