FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Harmonia

オリジナル小説

呼気 21 


 人形の上に跨がる俺に、さらに跨がるように、城がゆっくりと腰を沈めてくる。
 指で十分に解したし、ローションのぬめりを纏っているとは言え、そこは信じられないほどきつく、俺のペニスに吸い付くように、ぎゅうぎゅうと締め上げてくる。
 圧倒的な刺激に吐息を漏らしながら、いますぐにでも激しく動かしたい衝動を、ぐっと堪えていた。

「……すげ、……気持ちいい」
「俺も、……城のなか、めちゃくちゃ熱い」

 音を立ててキスをしながら、おたがいの快感を伝え合う。熱気が溢れて、汗が身体を濡らしていく。
 馴染ませるように緩く腰を動かすと、城の顔が仰け反った。そのきれいな顎のラインに噛みついて、顎の先を吸い上げる。

 自分が動くと、自然と人形のペニスも上下する。前と後ろと両方からの刺激に、先ほどとはまた違う快感が押し寄せる。
「……あっ、いいっ、……すげ、いいっ」
 声が零れる。腰が自然と揺れてしまう。
「……鳥居、」
 揺れる身体にしがみつくように、城が俺を強く抱きしめる。俺の動きに合わせて、上下するように城も跳ね上がる。
 すぐに達してしまいそうで、一度動きを止めて、またキスを交わす。胸やペニスにおたがいの熱い手が這い回る。
 荒い吐息と、城の濃厚な味に、ふたたび腰を突き上げたい衝動に駆られる。
 と同時に、腹の奥から痺れるような感覚に襲われ、俺は大きく仰け反った。

「……あっ!」
 一瞬で止まる。しかし、すぐまた刺激が襲ってくる。繰り返し与えられる刺激に、俺は激しく身悶えした。
「……なに、これ」
 涙目の俺に城が微笑んで、手に握りしめたリモコンを見せてくる。
「……どんな感じ?」
「ダメ、……すぐ出そう」
「いいよ。すぐいっても」
 そう言って、城がまた跳ねるように腰を揺さぶってくる。同時にリモコンのスイッチが入り、身体の奥が激しく振動した。

「やっ、あっ、だめっ、」
 甲高い喘ぎ声が、止まらない。
「……ダメっ、城、……壊れる、壊れるっ!」

 壊れてしまう。全部粉々に、砕け散ってしまう。
 すべてが破壊され、俺が俺でなくなってしまう。

 うわごとのように、壊れる、壊れると繰り返す俺の身体を、城は強い力で引き寄せ、肩に顔を埋める。
「壊れてもいいよ。……全部俺が受け止めて、後でちゃんと元通りにするから」
 吐息交じりの囁き声が、俺を包み込む。身体じゅうが打ち震える。

「だから、なにも怖れず、壊れて見せろ」
 俺はがくがくと頭を振る。

 城だから。受け止めてくれるのが、城だから。

 衝動に任せて、城を突き上げる。どこから溢れてくるのか分からない強い力が、城を攻め立てる。
 そんな俺の上で喘ぎながら、激しく乱れる城の姿は妖艶そのもので、その姿を見ているだけで脳髄まで蕩けそうだ。

「……もっと激しく、奥までめちゃくちゃに、突いて」
 水のなかで藻掻くような、ひどく切羽詰まった声に、尾骨がびりびりと痺れて、快感が駆け上がる。殴りつける勢いで、腰を突き動かす。
 そんな俺を絞め殺すように、城が収縮する。
 凶暴に蠢いて、俺を窒息させる。
「……あっ、……もう、いく」
 一際強く締め上げられて、弾けた。

 荒い息を吐き、何度も腰を打ち付けながら、すべての精を城のなかに注ぎ込む。いつの間にか、人形から伝わる振動は、止まっている。

「俺も、……もういきそう」
 俺の上でそう呻いた城のペニスに手を伸ばし、濡れたそれを包み込むと、下腹部の筋肉を痙攣させながら、城が俺の手の中で弾けた。

 
 →22
 20


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/01/19 Fri. 06:08 [edit]

category: 呼気

TB: --    CM: --

19